KEIANのWindows10タブレットを購入しました

7インチタブレット「KVI-70B」を購入しました。
Windows 10 mobileは所有していますが、Windows 10タブレットは初です。
ちょっと触ってみた感じだと、PCそのままという感じです。
(一応、タブレットモードというのがあり、タスクバーとか消せますが、PCモードで使っています)。

主なスペックとしては

  • CPU:Atom Z3735G / 1.33GHz
  • メモリ:1GB
  • ストレージ:16GB

です。

CPUパワーは、既に所有しているドスパラのスティックPC「DG-STK3」の「Z3735F」と大差ないです。

開封したらお約束のWindowsUpdateを行います。
2時間くらいかかってバージョン1607手前まであたりました。
ただ、1607にはストレージの空き容量が16GB必要なようで、当機器はそもそも搭載しているストレージ容量が16GBだからコケました 。
WindowsUpdateの作業領域には、MicroSDなどの外部媒体を利用することができるので、今回は16GBのMicroSDカードを利用してアップデートを行いました。
作業時間としては+2時間といったところでしょうか(計4時間)。

Passmarkのスコアを見ると1000未満ですが、我が家にはスコア1000前後のCore2 Duo T7250、Celeron T1600、Celeron 847、Atom Z3735Fなど強力なラインナップがあるので覚悟していた分、心理的なダメージはあまりありません。

あと、Windowsタブレット・スマホは良くも悪くもWindowsです。
iPhone・iPad同様(そしてGoogleのNexus)にメーカが責任をもってアップデートしてくれます。
そこはとても好感が持てるのですが、PCと同じ感覚で「待たされます」。
Windows 10はアップデートの適用・再起動をスケジュールできるので、業務時間外に適用することが可能ですが、そこは根本的に異なる部分だな~と改めて認識しました。