ADのDNSフォワーダの設定について

WindowsサーバのディレクトリサービスActive Directory」を有効にしたらインターネットが遅くなったと連絡を受けたので、調査しました。

結果から言うと、AD構築時にDNSサーバも同一サーバ内に立てていて、そのIPアドレスをクライアントPCの優先DNSに指定していることが原因でした。
ADにDNSサーバは必須ですが、社内のDNSサーバだけでは名前解決できないんですよね。
(遅いというよりタイムアウトしてるんですね・・・)。

そういう時は、DNSフォワーダを利用します。
DNSフォワーダとは、知らない宛先を聞かれた際に上位のDNSサーバに問い合わせ転送(フォワード)してくれる機能です。

以下、Windowsサーバでの設定方法です。

DNSマネージャで該当サーバのプロパティを開きます。
DNSマネージャ

プロパティ画面の[編集]ボタンをクリックします。
プロパティ画面

ISPから提供されているIPアドレスを入力します。
(下記はGoogle Public DNSのアドレスです)
転送先アドレス指定