PDCAについて改めて考えてみました

普段から業務改善について考えさせられることが多いのですが、私は改善こそがPDCAの最たるものと考えています。
PDCAとは、ゴールのない改善・改革行動の一種です。
(ゴールが見えないのではなく)常に新しいゴールを探し続けるモデルです。

下記4項目を1セットとして、常に回します。

概要 詳細
Plan 計画 現状や予測・先人の知恵を元に計画を策定
Do 実行 計画に基づいて処理を行う
Check 評価 計画通りに処理できたか評価(洗い出し)を行う
Action 改善 再発防止策を検討する

古くはPDA(評価部分がない)がありましたが、現在はPDCAと呼ばれて久しいです。

重要なのは、(現在の業務プロセスの破壊を伴う)改革を行う際は、トップダウンで実行する、の一言に尽きると思います。
あるいは、コンサルタントを雇うのも一つの手です。
他人を評価したり業務プロセスの改善を促す役割を、間違っても社内の人間に担わせていはいけません。
(人事考課などは上司の義務ですが)。

同じ釜の飯を食う人を誰が責められるでしょうか。
社員を悪者にすると長続きしないばかりか、失敗体験として残ります。

逆に、改善の場合は、現場を巻き込んで取り組むのもありだと思います。
ただし、現場の意見を改善作業に組み込む場合、反対意見を覚悟しなければなりません。
これは、日本企業特有の飲みニケーションで乗り切りましょう。
私も経験がありますが、案外なんとかなるものです。

前を向いて歩き続けていれば必ず視界が開けてきます。
なんだか精神論のようですが、体調管理さえしっかりしていれば、結果はついてきます。

<今日のまとめ>
身体をいたわりつつ、正しいと思ったことをやり切る!