S.M.A.R.T.の見方

S.M.A.R.T.は「Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (セルフモニタリング・アナリシス・アンド・レポーティング・テクノロジー」の略称で、簡潔に言うとハードディスクの自己診断機能です。

Lubtech では普段、PCリペア&リカバリサービスもやっています。
多くはハードディスクの不良ですが、S.M.A.R.T.をチェックすると「05, 0A, C5, C6」の症状が出ていることが多いです。

経験上「0A, C5, C6」はデータ復旧が出来ないケースがあるので慎重にデータを抽出し、即交換します。
逆に「05」はすぐに症状が出ないこともあるので(少しですが)精神衛生上、楽です。もちろん、交換しますが...。

ちなみに、遭遇したことはないですが、CRCやECCエラーが出たらまずいと思います。

主なS.M.A.R.T.項目

ID 項目名
01 リードエラーレート
02 スループットパフォーマンス
03 スピンアップ時間
04 スタート/ストップ時間
05 代替処理済みのセクタ数
06 リードチャネルマージン
07 シークエラーレート
08 シークタイムパフォーマンス
09 使用時間
0A スピンアップ再試行回数
0B キャリブレーション再試行回数
0C 電源投入回数
C0 電源断による磁気ヘッド退避回数
C1 ロード/アンロードサイクル回数
C2 温度
C3 ハードウェア ECC 検知エラー回数
C4 セクタ代替処理発生回数
C5 代替処理保留中のセクタ数
C6 回復不可能セクタ数
C7 UltraDMA CRC エラー数
C8 ライトエラーレート
CA データアドレスマークエラー
CB ECC エラーレート