おすすめのレンタルサーバ

2017.10.19 「さくらインターネットのレンタルサーバが「Let’s Encrypt」に対応」に新しい記事を書きました

当ブログではさくらインターネットを利用していますが、その他に2つ候補に上げたレンタルサーバ会社があります。
来年には追加でサイトを立ち上げたいので、復習も兼ねてまとめてみました。

ブランド・特徴 プラン 初期 / 月額料金 容量 サブドメイン 転送量制限(日)
さくらインターネット
最低限の機能 ライト ¥0 / ¥129 10GB 3 40GB
CMS設置機能やMySQL(20個)
共有SSL利用可能
スタンダード ¥0 / ¥515 100GB 3 80GB
CMS設置機能やMySQL(50個)
共有SSL利用可能
プレミアム ¥0 / ¥1,543 200GB 3 120GB
エックスサーバ
CMS設置機能やMySQL(50個)
Let's Encrypt利用可能
X10 ¥3,000 / ¥900 200GB 無制限 70GB
CMS設置機能やMySQL(70個)
Let's Encrypt利用可能
X20 ¥3,000 / ¥1,800 300GB 無制限 90GB
ゼンロジック
CMS設置機能やMySQL(無制限)
Let's Encrypt利用可能
プランS ¥0 / ¥890 300GB 無制限
CMS設置機能やMySQL(無制限)
Let's Encrypt利用可能
プラン1 ¥0 / ¥2,970 1TB 無制限

まとめると

という感じでしょうか。

ちなみに、エックスサーバとゼンロジックはLet's Encryptに標準対応しているので、追加料金無しでHTTPS対応可能です。
さくらインターネットはスタンダードプラン以上で共有SSL利用可、独自ドメインのHTTPS化は別途費用がかかるので、そこも勘案しないといけないと思います。
※Googleの検索結果にHTTPSが寄与することが分かっているので、SEO対策重視で考えるならエックスサーバとゼンロジックは有力候補になるはずです