Crystal Disk MarkとSiegeで負荷をかけてみました

HDDベンチマークソフト「Crystal Disk Mark 5」でHexaNASに負荷をかけながら、Siegeでも負荷をかけてみました。
サーバ環境は前回「HTTP負荷テストツール「Siege」」と同様です。

Crystal Disk Markはファイル容量を32GBに設定し、16GBのメインメモリに載らないようにしていますが、特に問題ないようです。

$ siege --concurrent=1000 --reps=10 --internet --file=/tmp/urls.txt --log=/tmp/urls.log

項目 結果
Transactions 10000 hits
Availability 100.00 %
Elapsed time 25.48 secs
Data transferred 569.97 MB
Response time 1.88 secs
Transactionrate 392.46 trans/sec
Throughput 22.37 MB/sec
Concurrency 738.06
Successful transactions 10000
Failed transactions 0
Longest transaction 14.05
Shortest transaction 0.00

※HDDベンチマークをかけながらなので、流石に「delay」はデフォルトの1秒にしました