電動アシスト自転車に試乗してきました

最近、息子が12kgに近づいてきてベビーカーだと色々大変なのと、夏になったら息子ともども共倒れしそうなので、その前に自転車を買おうという話になりました。
ちなみに、電動アシスト自転車って結構お高いので、普通の子供乗せ自転車も考慮したんですが、最近膝が痛むので電気に頼ることにしました。

電動アシスト自転車というと、御三家(と勝手に思っている)、ヤマハ・パナソニック・ブリジストンがあって、とりあえずパンフレットを全部もらってきてチェックしていました。
ちなみに、ヤマハは電動アシスト自転車のみ製造(普通の自転車作ってない)していて、パナソニックは子供乗せ自転車は電動アシストのみ製造しているので、普通の子供乗せ自転車を買う場合はブリジストン一択になります。

デザイン性から、ヤマハはパスして、パナソニックとブリジストンに試乗してきました。
販売員の説明通り、パナソニックのほうが加速性(というかペダルをこいだ瞬間、グイっと前に引っ張られる感)があります。
加速すると倒れづらくなるので、子供の二人乗せとか足の力に自身がない女性の方なんかにはパナソニックのほうがいいかもしれません。
あと、パナソニックはスタンドを立てると自動でハンドルロックがかかるので、便利に感じるかもしれません。

うちは結局ブリジストン「bikkeGRI(ビッケ グリ)」にしました。
決め手は

  • 両輪駆動システム「デュアルドライブ」
  • 前輪モーターブレーキによる回復充電(要はエンジンブレーキでモーター発電する)
  • 前輪が大きい(24インチ)
  • 後部チャイルドシートがコンパクトで、且つ背もたれと足置き場の高さ調節が可能

ちなみに、充電時間もパナソニックの半分程度ですが、その分容量も少なめです。
充電の手間を減らしたい人はパナソニックもオススメだと思います。