Kona Linux 4.0 blackjack を導入してみました

自宅で試験・調査用に使っているノートPC"ThinkPad R61e"のOSを、Kona Linux 4.0 light (x86) → blackjack (x64) へ変更しました。

理由は単純明快で、最近のOSSソフトウェアってバイナリパッケージのx86版がなかったりするんですよね。
もちろん、ソース版はありますが、Electronアプリケーションとかではない限り、できるだけソースコンパイルはしないようにしています。
把握できなくなるので(記憶力悪いので...)。

意外だったのは、x64版でもメモリ使用量が起動時で350MB前後で結構軽いところでした。
あと、壁紙がクールなので(R61eは約3kgなので持ち運びませんが)、そのまま普通に外出先で使えます。

ちなみに、私が使っているOSSで、x64版バイナリしか無い代表的なアプリケーションは、AtomやBoostnoteです。

あと、Operaのx64版の導入には、"apt-transport-https"が必要ですが、事前にアップデートが必要です。

apt update
apt upgrade
apt apt-transport-https