Orange Pi One に Armbian を入れました

先日、"Orange Pi One"の"Ubuntu"が壊れたのを機に、OSを"Armbian"に変更しました。

準備

個人的な好みでDebianを使用します。
Armbian Downloadサイトには、"Ubuntu Server"と"Ubuntu Desktop"しかありません。

"Debian"は、その下にある「other download options and archive」リンクから、official download archiveに移動した先から取得できます。

Debian版をダウンロードし解凍後、microSDに書き込んだ後で通電すると、DHCPでIPを取得して起動します。

設定

IP設定

最初にIPアドレスを固定化します。
DHCPサーバがルータなどで稼働している場合は、IPアドレスは自動取得していますので、以下の作業はサーバなどの利用の際に必要になります。

アップデート

# apt update
# apt upgrade

ディスプレイ設定

Armbianには、SoC"H3デバイス"のディスプレイ設定を変更する"h3disp"ユーティリティが用意されています。

設定例

1920x1080@60Hz DVI
# h3disp -m 1080p60 -d
1920x1080@60Hz HDMI
# h3disp -m 1080p60

LXDEデスクトップ環境の導入

初期状態だとCUIなので必要に応じてデスクトップ環境を導入します。
※LXDEの導入方法の詳細については「https://wiki.debian.org/LXDE」をご参照ください
※以下の"tasksel"は時間がかかります

# tasksel

taskselコマンドでは、”Debian desktop environment”と”LXDE”の2つを導入します。
(Gnomeやxfceなども選択できます)。

日本語環境の導入

キーボードレイアウト

デフォルトで英語105キーボードなので、日本語キーボードに変更します。
(設定後、再起動すると指定したキーボード配列になる)。

# dpkg-reconfigure keyboard-configuration
# reboot

デスクトップ環境の日本語化

CUIでの導入

tasksel以降、続けてコマンドで導入する場合は「“Banana Pi”にArmbianを載せました」の「お決まりのアップデートとデスクトップ環境・日本語環境の導入」をご参照ください。

GUIでの導入

Synaptic パッケージマネージャで以下を導入します。

  • anthy
  • fonts-ipafont
  • fonts-takao
  • fonts-vlgothic
  • ibus
  • ibus-anthy
  • ibus-kkc
  • ibus-mozc
  • task-japanese
  • task-japanese-desktop

共通

再起動するとデスクトップが日本語化されます。

# reboot

※taskselコマンドについては「"Banana Pi"にArmbianを載せました」に説明があります

日本語環境の構築

「Raspberry PiにLubuntuを入れてみる」の"日本語入力を使えるようにする"をご参照ください。