Armbian(Ubuntu系)で”system-config-samba”が起動時エラーになる場合

以前、「sambaのGUI設定ツールが便利」でご紹介したSamba設定ツール"system-config-samba"をArmbian(Ubuntu系)に導入したら、起動エラーになったので対応方法をメモ。

エラーメッセージが表示されない(一瞬で消えてしまう)ので、コンソールから実行してみます。

$ sudo system-config-samba 
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/sbin/system-config-samba", line 45, in <module>
    mainWindow.MainWindow(debug_flag)
  File "/usr/share/system-config-samba/mainWindow.py", line 121, in __init__
    self.basic_preferences_win = basicPreferencesWin.BasicPreferencesWin(self, self.xml, self.samba_data, self.samba_backend, self.main_window)
  File "/usr/share/system-config-samba/basicPreferencesWin.py", line 97, in __init__
    self.admin = libuser.admin()
SystemError: could not open configuration file `/etc/libuser.conf': そのようなファイルやディレクトリはありません

ファイル"/etc/libuser.conf"が開けずエラーになっているので、作成します。

$ sudo touch /etc/libuser.conf
$ ls -lh /etc/libuser.conf
-rw-r--r-- 1 root root 0  1月 11 02:28 /etc/libuser.conf

以上で、"system-config-samba"が正常に起動しました。

なお、Armbianで"system-config-samba"を起動する際は、管理者パスワードを確認されるので、所有者の権限のみ"rw"にしています。
(グループの権限、その他ユーザの権限は"r"のみ)。