Orange Pi One Ubuntu LXDE

経緯

microSDカードの不具合なのかOSが起動しなくなったので、再度導入しました。

約1年前に"Orange Pi"に"Lubuntu 16.04 LTS"を導入しています。
その時は、Orange Pi 公式サイトから"Lubuntu 14.04 LTS"をダウンロードして、"16.04"にアップデートしました。
※その辺の経緯は、「Orange PiのLubuntuアップデート」をご参照ください

導入準備

イメージのダウンロード

ダウンロードしたイメージは、"7-Zip"などで解凍してmicroSDに書き込みます。

なお、以前使用したイメージファイルは

  • Lubuntu_1404_For_OrangePiPC_v0_8_0_.img.xz

でしたが、イメージが更新されており

  • ubuntu_lxde_desktop_OrangePione_v0_9_1.img.xz

となっていました。

バージョン1未満なのは相変わらずですが、標準で"Lubuntu 16.04 LTS"になっています。
アップデートの時間が短縮できるので嬉しいですね。
また、初期パスワードは「orangepi」です。
※詳細は「SBC用OSの初期id・パスワードをまとめてみました」をご参照ください

設定

標準は中国語

表示が英語ではなく中国語です。
なので、コンソールのメッセージが分からない...。

取り急ぎ、アップデートをした後、日本語化するのが吉です。

アップデート

というわけで、アップデートします。

# apt update
# apt upgrade

日本語化

キーボードレイアウト

日本語配列に変更します。
設定後、再起動すると反映されます。

# dpkg-reconfigure keyboard-configuration
# reboot

フォント導入

お好みで"IPA"等を入れても良いと思います。

$ sudo apt-get install task-japanese
$ sudo apt-get install fonts-vlgothic

ロケールを設定

ja_JP.UTF-8 UTF-8の"#"を消してコメントアウトを解除した後、ファイルを保存します。

$ vi /etc/locale.gen

言語設定をja_JP.UTF-8に変更。

$ sudo locale-gen
$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja" 
$ source /etc/default/locale

ちゃんと変更されたか確認

$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

再起動

$ reboot