ビックカメラから廉価ノートPC「AT-PC-14HD-BK」が発売中

只今、モバイルノートを物色中です。

今使っている”VersaPro VY12M/C-3″に最近ガタが来始めているので、安くて軽くて高級そうに見える(そんな無謀な)ウィンドウショッピングを実施しています。

何気無く立ち寄ったビックカメラで面白い製品を見つけました。

税別29,800円で販売されています。
しかもポイント10%付き!

  • 主なスペック
項目 仕様
型番 ATPC14HDBK / AT-PC-14-HD-BK
メーカー amadana(アマダナ)
本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 536.4×363.6×27(突起部含まず)
本体重量 約1.2kg
モニタ 14.1型ワイド IPS アンチグレア
解像度 フルHD(1920×1080)
OS Windows10 Home(64bit)
CPU Atom x5-Z8350 (2M Cache, up to 1.92 GHz)
MEM 4GB
eMMC 32GB
I/F USB3.0 x 1/USB2.0 x 1
MiniHDMI x 1
MicroSDスロット x 1(最大64GBまで)
3.5mmオーディオジャック x 1

印象

外観

見た目は非常に良いです。
購入候補に挙げている「Jumper EZBOOK 3 PRO Notebook」は金属筐体で高級感がありますが、こちらは天板と底面にラバー加工を施してありプラスチック感がないのが好印象です。
また、天板にメーカー表示がないのもポイント高いです。

スリムベゼル(狭額縁)

液晶パネルの外側(ベゼル)部分の面積が狭いタイプです。
スリムベゼルは野暮ったさがないのでこちらも好印象です。

アンチグレア

液晶パネルに低反射タイプを採用しています。
低価格帯のノートPCが軒並グレア(光沢)液晶を採用しているので、14.1インチというサイズと相まって差別化を図っているのでしょう。

Wi-Fiも高速規格サポート

5GHz帯(IEEE802.11a, ac)をサポートしています。
同価格帯のノートPCが2.4GHz帯のみのサポートであることが多い中、十分なアピールポイントです。

軽量

14.1インチモデルで1.2kgは合格点ではないでしょうか。

ストレージは少な目

eMMCが32GBあります。
これは私が所有しているスティックPC"DG-STK3"と同じ容量ですが、初心者には敷居が高いのかな?と感じます。
ストレージを整理しないと、Windows Update に失敗することがあります。
microSDやUSBで外部ストレージを接続し、ユーザデータはそちらに保存する使い方に限定されるでしょう。

じゃあ、買うの?

現在保留中です

購入した方のレビューを見ているとKEIAN製との書き込みが・・・。
1年以上前ですが、KEIAN製のWindowsタブレット"KVI-70B"が購入して1週間で故障したので、疑心暗鬼になっています。
このノートPCは充電中に熱を持つようなので、非常に気になります。
故障したタブレットは急に電源が入らなくなったので、電源周りの故障を疑っているのです...。