Chrome版LINEアプリが終了し、拡張機能に変更へ

先日、Chromeブラウザから導入したLINEアプリを起動すると、「LINE拡張機能をダウンロードしてください」とメッセージが表示されました。
現在は、従来のアプリも使えますが、2月20日までしか使えない模様です。

Chrome版LINEの拡張機能をダウンロードしてください。
Chrome ウェブストアでのサポートが終了するため、Chrome版LINEアプリは2018年2月20日にサービスを終了します。LINEを引き続き利用するには、Chrome版LINEの拡張機能をダウンロードしてください。

以下の記事を読むと、以前から予定されていたもののようです。

base on Google、Chromeウェブストアから"アプリ"セクションを削除

Chrome ウェブストアの"アプリ"セクションの廃止は、Chromeアプリケーションのサポート終了に向けた段階的な措置の一環といえます。Googleは、2018年前半にはすでにインストールしているものを含めすべてのChromeアプリが動作しなくなるとしています。

上記「Chrome版LINEの拡張機能」は、既存のLINEアプリを削除しなくても導入可能です。
「Chrome版LINEの拡張機能」をインストールして使用する際には、(通常どおり)メイン端末での本人確認が必要になりますので、慌てずに済むように併用できる間の導入をオススメします。

なお、「Chrome版LINEの拡張機能」のバージョンは"2.1.0"となり、アプリ画面には表示されません。
代わりに他の拡張機能同様に画面右上にアイコンが表示されるようになります。