VersaPro で有線LANがつながらない(失敗編)

現状一番安価に手に入るノートPCやIntel系タブレットで使われているSoC"Z3735F"のPassmarkスコアが907あるのに対し、VersaProの"Celeron M 443"は253...。
その差、実に3.5倍・・・。
※Celeron M 443は1コア、Z3735Fは4コアの総合点なので一概に3.5倍の性能差があるわけではありません

そんな愛しのVersaPro(VY12M/C-3)は Lubuntu 16.04.3 で運用しています。
Windows 10 を載せようとは思いません(仮に載っても Windows Update で諦めそう)。

モバイルノートで重量が1kg(1.029kg)なので長らく愛用しています。
で、

先日の記事「タブレットで画面ミラーリング」を、VersaProで早速構築しようと思ったら内臓の有線LANが使えない。
モバイルの宿命で、普段は無線LAN&Wi-Fiテザリングで使っていたので気づかなかったよ。

nmtui(NetworkManager-tui)でもアクティベートできません。
"有線接続 1"って表示されるのにー。

起動時にカーネルでも認識されています。
以下の「Intel(R) PRO/100 Network Driver」が当該NICです。

$ dmesg | grep Network
[    2.642605] FUJITSU Extended Socket Network Device Driver - version 1.2 - Copyright (c) 2015 FUJITSU LIMITED
[    2.845126] e100: Intel(R) PRO/100 Network Driver, 3.5.24-k2-NAPI
[   27.195509] audit: type=1400 audit(1517966124.400:5): apparmor="STATUS" operation="profile_load" profile="unconfined" name="/usr/lib/NetworkManager/nm-dhcp-client.action" pid=416 comm="apparmor_parser"
[   27.195511] audit: type=1400 audit(1517966124.400:6): apparmor="STATUS" operation="profile_load" profile="unconfined" name="/usr/lib/NetworkManager/nm-dhcp-helper" pid=416 comm="apparmor_parser"

$ lsmod | grep e100
e100                   36864  0
mii                    16384  1 e100

仕方がないので、ドライバを入れなおすことにしました。

Intelのホームページからドライバをダウンロードします。

解凍すると"README"ファイルに導入方法の記載がありました。

base on "e100-3.5.17.tar.gz -> e100-3.5.17/README"

Building and Installation

To build a binary RPM* package of this driver run 'rpmbuild -tb
<filename.tar.gz>'. Replace <filename.tar.gz> with the specific file name
of he driver.

NOTES: For the build to work properly it is important that the currently
running kernel MATCH the version and configuration of the installed
kernel source. If you have just recompiled your kernel, reboot the
system and choose the correct kernel to boot.

   RPM functionality has only been tested in Red Hat distributions.

1.Move the base driver tar file to the directory of your choice. For
example, use: /home/username/e100 or /usr/local/src/e100.

2.Untar/unzip the archive by entering the following, where <x.x.x> is the
version number for the driver tar:

 tar xfz e100-<x.x.x>.tar.gz

3.Change to the driver src directory by entering the following, where
<x.x.x> is the version number for the driver tar:

 cd e100-<x.x.x>/src/

4.Compile the driver module:

 make install

The binary will be installed as below:

   /lib/modules/<kernel_version>/kernel/drivers/net/e100/e100.[k]o

The install location listed above is the default locations. It may
not be correct for certain Linux distributions. For more information,
see the ldistrib.txt file included in the driver tar.

5.Install the module:

 modprobe e100

6.Assign an IP address to the interface by entering the following, where
is the interface number:

 ifconfig eth<x> <IP_address>

えーっと、
書かれているとおりに make するとエラーになります。

$ sudo make install
Makefile:105: *** Linux kernel source not configured - missing version.h.  中止.

カーネルのバージョンが合っていないそうです。

別に開発環境(gcc)が足りないわけでもありません。
※"Development Tools"は導入済みです(apt-get install build-essential)