Korora でXorg関連の警告が表示される

先に結論

結論から言うと、特に問題なく使用できました。

エラーメッセージ

起動中に下記メッセージが表示されます。

intel_cpu_fifo_underrun_irq_handler   *ERROR* CPU pipe B FIFO underrun

Xorg関連のメッセージで、古いカーネルであれば発生ないようです。
ただ、私の環境では(メッセージが表示されている状態でも)画面のチラツキなどの問題はでませんでした。

実際の導入に関して

自宅で試験・調査用に使っているノートPC"ThinkPad R61e"に"Korora"を入れてみました。
前回、"Fedora 27"を入れたのが昨年12月末だったので、2ヶ月で入れ替えたことになります。

しばらくの間、ThinkPadは仕事で触れることの多いRHEL系のOSを導入する方針でいるので、Korora を選定しました。

"Korora"は、FedoraからフォークしているOSです。

base on https://kororaproject.org/about

Korora is a Fedora Remix, which means it ships with regular Fedora packages along with others that Fedora cannot ship.

KororaはFedora Remixであり、Fedoraが出荷できない他のパッケージと一緒に、通常のFedoraパッケージとともに出荷されます。

ダウンロード

最新版は"Korora 26"です。
デスクトップ環境ごとにダウンロードできます。

  • Cinnamon
  • Gnome
  • KDE
  • MATE
  • Xfce

Download. Give Korora a Spin

The minimum installation requirements for Korora are:

  • 64 bit Intel-compatible CPU
  • 2GB memory (RAM)
  • 20GB disk space

Kororaの最小インストール要件は次のとおりです。

  • 64ビットIntel互換CPU
  • 2GBメモリ(RAM)
  • 20GBのディスク容量

一覧にないデスクトップ環境の場合

ダウンロード一覧にはLXDE環境がありませんが、公式サイトにLXDEの導入手順の記載があります。

見たところ簡単に導入できそうです。 ※実際に簡単でした
それならと、KDE版をダウンロードしてインストールしました。

LXDE導入

公式サイト通りで問題ありません。

最新版にアップグレード

# dnf --refresh upgrade

1.2GBあったので、1時間以上かかりました...。

パッケージのキャッシュ削除

下記エラーメッセージが表示されたら、キャッシュの削除をします。

# dnf --refresh upgrade

Error: Failed to synchronize cache for repo 'updates'

エラー: パッケージ ***.x86_64.rpm は署名されていません 

キャッシュ削除

# dnf clean all

LXDE導入

# dnf install @lxde-desktop

再起動後に、ログイン画面左下から"LXDE"を選択すればOKです。

ちょっとした問題

KDE関連アプリが結構入ってる

上記、公式サイトにも記載がありますが、KDE関連アプリがそのまま残るので結構気になります。
まぁ、キーボードから操作する分にはあまり関係ないのですが。

デスクトップ環境変更の方法2が使えない

公式サイトの方法2(e.g. the command for Xfce is sudo dnf install korora*xfce.)を参考にLXDEを入れようとすると、エラーになります。

# dnf install korora*lxde
一致した引数がありません: korora*lxde
エラー: 一致するものが見つかりません