Live USB 作成ツールまとめ

先日、Kororaを導入した際、isoファイルを書き込んだUSBメモリを使用してブート後、インストールしました。

普段は"LiLi USB Creator"を使っています。
上記ツールで作成したUSBメモリで Korora のセットアップイメージはブートできませんでした。
"LiLi USB Creator"は、以下の3つからソースを選択できます。

  • iso, img, zip
  • CD
  • ダウンロード

普段は、事前にisoをダウンロードしておいて作業します。
Kororaの際も同様にiso取得後に作業したところ、CentOSとして認識されました。
"LiLi USB Creator"はリストに無いOSだと近いものを自動選択するようになっています(変更不可)。
同じRPM系なので特段気にせずに処理したのですが、作成したUSBメモリはブートできませんでした。
※なお、ダウンロードのリストにもKororaはありませんでした

原因としては、以下の2点が考えられます。

  • "LiLi USB Creator"が対応していないOS
  • 使用したPC"Think Pad R61e"のハードウェアの設定、相性等

確認するにも時間が必要なので、ひとまず有名どころの"Rufus"を使用して作業を行いました。
このツールでは問題なくブートでき、インストールまで完了しました。

Live USBとは

Live USBとは、起動可能なUSB補助記憶装置(USBメモリなど)を作成するソフトウェアです。

base on Live USB - Wikipedia

Live USB とは、USBメモリなどの補助記憶装置からブート可能なもの。
Live CDとの主な違いは、設定をセーブして長期的に保持したり、ソフトウェアパッケージをUSBデバイス上に追加インストールしたりということが可能である。

各Live USBツールの特徴

一番の特徴は「ブート可能な"Live USB"を作成」できることです。

Rufus(ルーファス)

base on Rufus - 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます

  • [動作環境] Windowsのみ
  • [対象OS] Windows、Linuxなど
    • イメージの書き込み先としてVHDファイルも指定可能
  • 書き込みが高速
    Live USB作成速度
  • 書き込み先はフォーマットされる
    USB上にすでに存在しているファイルは削除される
  • 事前にISOイメージをダウンロードする必要がある

LiLi USB Creator (LinuxLive USB Creator)

base on LinuxLive USB Creator - Wikipedia

  • [動作環境] Windowsのみ
  • [対象OS] Linuxのみ
  • 変更点を保存する領域が確保される
    この点でLiveDVDとは本質的に異なる
  • ポータブルVirtualBoxを使用して、Windows上で仮想的にLiveUSBを起動することが可能
  • ドロップダウンメニューで提供されているOSバージョン以外に、事前にダウンロードしたISOイメージを使用可
  • 以下、オプション
    • USB上に作成されたファイルを隠しファイルにすることができる
    • USB上にすでに存在しているファイルを破壊せずにLive USBを作成することができる

UNetbootin (Universal Netboot Installer)

base on UNetbootin - Wikipedia

  • [動作環境] クロスプラットフォーム対応(Windows、Linux、Mac OS X)
  • [対象OS] Linux、その他アプライアンス
  • USBインストールモードでブート可能なUSBメモリ(Live USB)やUSBハードディスクドライブを作成可
  • SYSLINUXを用いた非破壊的な(デバイスをフォーマットしない)インストールが可能
  • 変更点を保存する領域が確保される(Ubuntuのみ可能)
  • ドロップダウンメニューで提供されているOSバージョン以外に、事前にダウンロードしたISOイメージを使用可

WoeUSB

base on GitHub - slacka/WoeUSB: WoeUSB is a simple tool that enable you to create your own usb stick windows installer from an iso image or a real DVD. It is a fork of Congelli501's WinUSB.

"WoeUSB"は、以前"WinUSB"と呼ばれていたツールのフォークのようです。

base on WoeUSB - Create Bootable Windows USB Sticks from Linux

WoeUSB is Linux tool for creating Windows USB stick installer from a real Windows DVD or an image.

WoeUSB is available for easy download (thanks to WebUpd8’s main PPA) for Ubuntu 14.04 and Ubuntu 16.04 to 17.04. The same PPA also supports Linux Mint 17.x and 18.x.

If you are only interested in trying out WoeUSB without adding it’s PPA to your repo then grab and install its latest .deb using the link below.

WoeUSBは、実際のWindows DVDまたはイメージからWindows USB Stickインストーラを作成するためのLinuxツールです。

WoeUSBは、Ubuntu 14.04とUbuntu 16.04〜17.04用の簡単なダウンロード( WebUpd8の PPA のおかげで)が可能です。 同じPPAはLinux Mint 17.xと18.xもサポートしています。

あなたがあなたのレポにPPAを追加せずにWoeUSBを試してみたいのであれば、以下のリンクを使って最新の.debを入手してインストールしてください。