BananaPi でファイルサーバ

BananaPi M1 Classic でファイルサーバを構築したので手順をメモします。

Debian 9 x86

OSには、Debian版Armbianを利用しています。
※導入手順は「https://arailab.info/?s=armbian+debian」をご参照ください

$ cat /etc/issue
Debian GNU/Linux 9 \n \l

$ cat /proc/version 
Linux version 4.14.18-sunxi (root@xeon) (gcc version 7.2.1 20171011 (Linaro GCC 7.2-2017.11)) #24 SMP Fri Feb 9 16:24:32 CET 2018

$ uname -a
Linux bananapi 4.14.18-sunxi #24 SMP Fri Feb 9 16:24:32 CET 2018 armv7l GNU/Linux

samba 導入

$ sudo apt-get install samba cifs-utils

samba 設定

サーバ側で設定を行います。

ユーザ作成

OSとsambaにユーザを作成します。

$ sudo useradd araitest
$ sudo passwd araitest
$ sudo pdbedit -a araitest

設定ファイル編集

samba設定ファイルは、念のためコピーしてから編集します。

$ sudo cp /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf_org20180420

今回は既存のディレクトリ「/home/araitest」を「Tmp」として公開します。

$ diff -u /etc/samba/smb.conf_org20180420 /etc/samba/smb.conf--- /etc/samba/smb.conf_org20180420    2018-04-20 01:07:51.023668501 +0000
+++ /etc/samba/smb.conf 2018-04-20 03:57:09.148776398 +0000
@@ -237,6 +237,16 @@
    read only = yes
    create mask = 0700

+[Tmp]
+   comment = Temporary Directory
+   browseable = yes
+   path = /home/araitest
+   guest ok = no
+   writable = yes
+   create mask = 0764
+   directory mode = 0764
+   share modes = yes

サービス再起動

$ sudo systemctl restart smbd.services

共有フォルダへ接続

クライアント側で設定します。

マウント準備

マウント先作成

マウント先を mediaディレクトリ内に作成しました。

$ sudo mkdir /media/linuxTmp
$ sudo chown araitest /media/linuxTmp

マウントテスト

ターミナルから接続できるか確認します。

$ sudo mount -t cifs -o username=araitest,rw,file_mode=0777,dir_mode=0777 //192.168.2.210/tmp /media/linuxTmp

mountコマンド書式

mount [-fnrsvw] [-t fstype] [-o options] device dir

オプション 説明
-t 接続先ファイルシステムを指定
cifs CIFSプロトコルを使用
-o マウントオプションを指定(カンマで区切る)
username ユーザ名
rw 読み書き権限付与
file_mode ファイルのアクセス権
dir_mode ディレクトリのアクセス権

マウント解除

無事にマウントできたらアンマウントします。

$ sudo umount /media/linuxTmp

接続エラーになった場合は、エラーコードなどを確認すると近道です。

$ tail /var/log/syslog

参考ページ