サポート終了後から2週間、Windows 7 の不具合修正パッチが提供される

投稿者: | 2020年2月8日

かつて Microsoft は Windows XP がなかなか後継 OS へ切り替わらずセキュリティの脅威に晒された間、影響を鑑みて非常に長い期間セキュリティパッチを提供し続けました。
(それが元で、サポート期間を堅持する体制への移行、その後のサブスクリプション形態への傾倒は別の記事で書きたいと思います)。

先日、サポート期間が終了した Windows 7 ですが、こちらも普及した OS であり(影響が大きいからでしょう)サポート終了後に再度パッチが提供されました。

やはり Microsoft は手厚いですね。

base on Microsoftが方針を一転、Windows 7の黒壁紙問題の修正パッチを全ユーザーへ提供 - 窓の杜
2020年1月27日 13:50
Windows 7はすでに一般向けのサポートを終了しており、異例の対応

Windows 7 は 2020年 1月 14日にサポート終了していますが、Microsoft が同日にリリースしたアップデート "KB4534310" に不具合があり、ユーザへの影響を重く見た同社により、パッチが配布されることになりました。

Windows 7 のアップデートサイト(Windows Update 機能)がいつまでも残っているとは限らないので、該当ユーザには速やかな Windows Update の実施をオススメします。