レンタルサーバ移行時の作業

今回、プラン変更に伴って発生した作業についてまとめました。

移行作業の概略

今回、レンタルサーバ会社は変わりません。
ただ、CORESERVER は契約中のプラン変更が出来ないため、サーバ変更と同じ手順を踏む必要があります

  • 変更前
    サーバ:CORESERVER(コアサーバー)
    プラン:CORE-MINI
  • 変更後
    サーバ:CORESERVER(コアサーバー)
    プラン:CORE-A

なお、CORESERVER が提供する「サーバー間コピー」機能を使うと、FTP 経由でコピーできます。
※現行サーバ -> 新サーバへファイルをコピーする機能です。

base on サーバー間コピーの新規作成 | マニュアル | レンタルサーバー CORESERVER(コアサーバー) - 30日間無料お試し

今回は、DB を SQLite -> MySQL へ変更するため、新規導入の手順を踏みました。
(上記機能は使っていません)。

※単純にサーバ移行するだけであれば、WordPress のソースをまるごとバックアップして、アップロードすれば(ほぼ)完了します。

バックアップ

準備

まず、移行前のバックアップを取得するに当たり、WordPress 本体を最新版にしておきます。
※通常、移行先の WordPress は最新版となるため(バージョンを併せておいたほうが後々トラブルの種が少ない)。

作業

新サーバへ移行するためにバックアップを取得します。
※旧サーバが一定期間残る場合、バックアップはそれほど神経質にならなくても大丈夫です。
(欲しい時にバックアップを取得できるので)。

  • WordPress 投稿記事
    WordPress 管理画面の [ツール] - [エクスポート] から投稿記事・固定ページの一覧を取得します。
  • ファイル
    (新サーバにアップロードするため)画像ファイルを FTP 経由でバックアップします。
    なお、JavaScript・CSS ファイルなどを個別に利用している場合は、これらもバックアップします。
  • プラグイン関連
    どのプラグインを導入していたか、それらの設定はどうなっているのかを取得しておきます。
    (今回、移行期間中は新旧サーバともに閲覧できたので、確認しながら移行しました)。
  • テーマ
    どのテーマを利用していたか。
  • favicon
    ファビコン(Web アイコン)を使っている場合は、別途取得しておきます。

移行・導入

WordPress 自体の設置

新サーバに WordPress をインストールします。
下記サイトからダウンロードしたファイルを解凍後、新サーバにアップロードしました。

base on ダウンロード | WordPress.org 日本語

※レンタルサーバ側でインストーラを用意していることが多いので、そちらを使っても OK です。

記事の移行

WordPress 管理画面の [ツール] - [インポート] から投稿記事・固定ページのデータを新サーバへ反映させます。

ファイル

画像・JavaScript・CSS などのファイルをアップロードします。

プラグイン

必要なプラグインを一つずつ導入していきます。
私は以下を導入しています。

なお、再設定も必要です。

  • Breadcrumb NavXT
    パンくずリストを設定するプラグインです。
  • Classic Editor
    旧来のエディタ(Gutenberg ではない)を継続して利用するために入れています。
    なお、入れてはいますが "停止"(無効化)しています。
    今まで、JP Markdown とセットで利用していたのですが、JP Markdown が利用できなくなったため(後述)、こちらも使わなくなりそうです。
  • Google Analytics for WordPress by MonsterInsights
    ページへのアクセス状況を視覚化するプラグインです。
  • Head, Footer and Post Injections
    パンくずリストを設定するプラグイン "Breadcrumb NavXT" をページ内に設置する際に使っています。
  • Insert Headers and Footers
    個別でアップロードしている JavaScript や CSS をページ内に組み込むために利用しています。
  • MW WP Form
    簡単にフォームページを作成して設置できます。
  • Table of Contents Plus
    Header タグ(H1 - H6)に対して、目次を作成してページに設置してくれます。
  • WP Githuber MD
    Markdown 記法で記事を書くためのプラグインです。
    以前は、JP Markdown を使っていましたが、ダウンロードリンクが無くなってしまったためこちらに変更しました。
    ※著名な Jetpack Markdown プラグインも検討したのですが、Markdown 記法の取り消し線(チルダ2つ)がパースできなかったので見送りました。
  • WP Mail SMTP
    メール送信機能を提供するプラグインです。
  • Revision Control
    変更履歴数を制限することのできるプラグインです。
    WordPress は記事や固定ページの変更履歴を際限なく保存することが出来ます。
    これは便利なのですが(あまり過去の履歴を残しておいても使わないので)2,3 程度に制限しています。

テーマ

必要なテーマをインストールして、有効化します。

favicon

必要に応じて、ファビコンを WordPress ルートディレクトリに設置します。

リダイレクト

新サーバが問題なく稼働することが確認できたら(旧サーバ側へのアクセスを新サーバへ)リダイレクトする設定を追加します。

今回は、新旧でディレクトリ構成が全く一緒のため、Redirect 機能を利用しました。
※転送時に条件付けをする場合は(拡張機能)mod_rewrite を使いますが、今回はドメインのみの変更のため。

なお、ここでの "ドメインのみの変更" とはページ構成が変わらないことを指しています。

例)ドメイン名は変わっているが、ページ構成・ファイル名は変わっていない。
現:https://xxx.co.jp/111.html
新:https://yyy.co.jp/111.html

リダイレクト設定ファイル(.htaccess)は、旧サーバの直下に設置します。
下記設定は、全てのアクセスを新サーバ(https://arailab.info/ )へ転送することを意味します。

<Files ~ "^\.(htaccess|htpasswd)$">
deny from all
</Files>
Redirect permanent / https://arailab.info/
order deny,allow

※permanent は 301 Redirect(恒久的な転送)を意味します。

確認

最後に動作確認をして完了です。