Raspberry PiでUSBマウントを設定する

Raspberry Pi 3 Model B に USBメモリを挿しても、自動認識してくれなかったので設定したときのメモです。

やること

Raspberry Pi OS で、USBメモリ(などの USB デバイス)を自動認識するための設定を行います。

環境

  • ハードウェア
    Raspberry Pi 3 Model B
  • OS
    CUI 環境の Raspberry Pi OS を利用しています。 ※GUI 無し。

    base on Download Raspberry Pi OS for Raspberry Pi

    Raspberry Pi OS (32-bit) Lite
    Minimal image based on Debian Buster

Raspberry Pi OS の元は、Debian 10(Buster)です。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
Release:    10
Codename:   buster

$ cat /etc/debian_version 
10.4

$ cat /etc/issue
Raspbian GNU/Linux 10 \n \l

設定

USBmount

USBデバイスを自動マウントするパッケージ usbmount を導入することにしました。

GitHub - rbrito/usbmount: Simple set of scripts to automount removable devices for a Linux system

The USBmount package automatically mounts USB mass storage devices (e.g., USB pen drives or HDs in USB enclosures) when they are plugged in. The mountpoints (/media/usb[0-7] by default), filesystem types to consider, and mount options are configurable. When multiple devices are plugged in, the first available mountpoint is automatically selected.

USBmountパッケージは、USB大容量ストレージデバイス(USBペンドライブやUSBエンクロージャーのHDなど)がプラグインされると、それらを自動的にマウントします。マウントポイント(デフォルトでは/ media / usb [0-7])、考慮すべきファイルシステムタイプ、およびマウントオプションは設定可能です。複数のデバイスが接続されている場合、最初に使用可能なマウントポイントが自動的に選択されます。

OS アップデート後に USBmount をインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

$ sudo apt install usbmount -y

しかし、インストールだけでは自動マウントされません。
設定を追加しないと機能しないようです。

先人の有り難い記事を参考に設定したら一発解決しました。

base on Debian Busterでusbmount - Qiita

00-my-custom-mountflags.conf を新規作成して下記2行を追記後、再起動すれば OK です。

$  sudo mkdir /etc/systemd/system/systemd-udevd.service.d
$  sudo vi /etc/systemd/system/systemd-udevd.service.d/00-my-custom-mountflags.conf

$ cat /etc/systemd/system/systemd-udevd.service.d/00-my-custom-mountflags.conf
[Service]
PrivateMounts=no